周辺案内
若狭の海の幸
絶品かに料理
ブランド「若狭ふぐ」

周辺マップ

若狭三方マリンパーク

若狭三方マリンパーク

豊かな海の自然を知り、その尊さや大切さを体験学習するための施設。若狭湾国定公園内にあり、素晴らしい海中景観に恵まれた三方町食見地区の海の魅力を存分に感じられます。入り口真正面にある水槽では、魚達が小さな窓からエサをとりに顔を出します。ふれあいコーナーでは、珍しい魚たちに触れます。

若狭三方マリンパーク

三方五湖

三方湖、水月湖、菅湖、久々小湖、日向湖の5つの湖があります。海と山と湖が一体となり、四季ごとに景色が変化する美しく優雅な水郷です。古くからその美しさは知られ、作者不明ながらも「若狭なる 三方の海の浜清み 往き還らひ見れど 飽かぬかも」という歌が万葉集に残されています。

若狭三方マリンパーク

若狭町観光船レイククルーズ

三方五湖の水月湖・菅湖を遊覧する、蒸気船をイメージしたクルーズ船。船内での食事やバードウォッチングなど、楽しみ方はさまざま。海山桟橋を出航し、2湖を約40分で巡ります。2階のオープンデッキでは、さわやかな風を受けながらのクルーズが楽しめます。

若狭三方マリンパーク

三方五湖レインボーライン

日本海や三方五湖の絶景を一望しながら、標高400mの梅丈岳を駆け抜ける観光道路(有料)です。美浜・三方町にかけて広がり、全長約11kmに及びます。 美浜町出身の演歌歌手・五木ひろしさんの「ふるさとの碑」があります。

若狭三方マリンパーク

音羽山展望台

食見海岸から常神半島の素晴らしい景色が楽しめる展望所。
音羽山遊歩道や階段も整備されており、海水浴に疲れた人でも気軽に登れます。
頂上で海を振り返れば、美しい三方五湖が一望でき、最高の達成感です。登る時は、運動靴でお出かけを。

若狭三方マリンパーク

三方温泉きらら

レトロでどこか懐かしい雰囲気が漂う純和風の温泉施設です。ひのき造りの露天風呂と内風呂、縄文時代の丸木舟をイメージした足湯などがある「縄文の湯」と露天の岩風呂、屋内の漆風呂、和風塩サウナなどがある「虹の湯」など多彩な湯が楽しめます。

若狭三方マリンパーク

海釣り公園みかた

大自然の中、日本海の四季を楽しみながら海釣りを堪能!
家族でも安心なファミリーコースから、大物狙いの上級コースがあります。
釣った魚をその場で食べられるバーベキューガーデンなど、設備も充実しています。

若狭三方マリンパーク

若狭瓜割名水公園

その清冷さでもって瓜をも割ると伝えられる名水の滝です。
天徳寺の境内奥に広がる森の中、岩を割ってこんこんと沸きいでる名水が、滝となって流れをなしています。冬は温かく、湯気が立ち上がります。

若狭三方マリンパーク

若狭三方縄文博物館

日本を代表する縄文低湿地遺跡「鳥浜貝塚」からの出土品の展示・研究を行っています。「太古の森」では、当時の自然環境を再現した「森」、生活に欠かせなかった「土器」、船出に用いられた「丸木舟」の展示など、自然と生きた太古の日本人の姿を知ることができます。

若狭三方マリンパーク

熊川宿

若狭路から京都を結ぶ重要な場所であった事から、熊川は宿場町となりました。
情緒ある町並みが残されており、重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。資料館「宿場館」では、当時の文化や暮らしぶりなどを知ることが出来ます。

三方海中公園 グラスボート

三方海中公園 グラスボート

船底はガラス張りになっており、グラスボートで見る海底のファンタジックな景観に別世界の感激。 御神島ぐるり一周40分の海中公園の旅。透明度が25mもあり、北限・南限の珍しい海中生物が生息しています。

神子山桜

神子山桜

日本海の風雪に耐えてきた神子の山桜。
常神に向けて車を走らせると、海の青に浮かぶ薄桃色の美しい景観を眺めることができます。 春のおだやかな表情に変わる頃、訪れてみてはいかがでしょうか?

梅丈岳山頂自然公園

梅丈岳山頂自然公園

この山は常神半島の付け根にあり、標高400mあります。 山頂は有料道路レインボーラインの展望台となっています。
日本海や三方五湖を一望できる風景は感動を呼びます。

伊良積梅園

伊良積梅園

三方湖と水月湖西岸伊良積から海山にかけての一体に約7万本の白梅があります。 ここは「西田梅」の産地で、若狭地方の特産「福井梅」の発祥地です。 観光梅園では、約3,500本の白梅が植えられ、園内の散策が楽しめます。

三方石観音

三方石観音

弘法大師が、一夜にして大きな花崗岩に刻んだものと伝われています。 右手首のない観音像は、手足の不自由な人にご利益があるとされ、 広く全国から信仰を集めており、参拝者がたえません。

梨狩り

梨狩り

秋の味覚食べ放題!
さわやかな木漏れ日の下で、ご家族・お友達とともに秋の味覚を満喫してみませんか?
※大人700円 子供500円

いもほり園

いもほり園

味覚の秋!ご家族・お友達で、いも掘りを楽しんでみませんか?
※9月18日~10月下旬まで開園(土・日・祝日の9時〜4時)
 料金:1株 250円

三十三間山

いもほり園

標高842mの三十三間山の由来は、過去に京都三十三間堂の建立に当たって、この地より材木を運んだところから、この山地の名が付けられたと言われています。 若狭湾を眺望する山々は若狭地方に数あるけれども、三十三間山からの展望は特に素晴らしいです。 若狭湾を始め、丹後半島さらには琵琶湖まで望めます。

嶺南牧場

嶺南牧場

若狭牛は古くからこの若狭地方で飼われてきた牛で、性質がおとなしく品位があり、しかも肉質のすぐれた牛として知られてきました。そこで、福井県では子牛を育成して農家に供給するため、昭和50年に「若狭牛の里」嶺南牧場を建設しました。

火の見やぐら

火の見やぐら

「三宅区火の見やぐら」は若狭町市場から東に約1kmの三宅の集落ほぼ中央の田の中に位置し、集落の北部を通り抜ける旧若狭街道(鯖街道)から南に伸びる道路沿いに建ち、農家の点在する三宅地区のシンボルとなっています。 この「火の見やぐら」は愛宕地蔵を祀る地蔵堂の東側妻屋根上に梵鐘を持った火の見やぐらを載せた独特の形態を特徴としています。建設年代は不詳ですが、地蔵堂は虹梁の絵様等から判断すると江戸時代末期頃と推定されます。

わかさCC

わかさCC

わかさCCは、個性をきわだたせた戦略性ゆたかな3コース27ホール。 それぞれの技量に合わせてゴルフの醍醐味が堪能できます。
また、ホールアウト後の若狭湾の海の幸グルメも、うれしい魅力です。

よしおかやオススメお食事処

徳右ェ門さん うなぎや

徳右ェ門さん うなぎや

白焼きやうざく、せいろ蒸し、蒲焼き、ひつまぶしなど、あらゆるうなぎ料理が楽しめるうなぎ三昧コースが名物。
地方の三方五湖でとれる天然モノを使い、焼きたてを食べて欲しいと、注文後にうなぎをさばく。焼きは皮はパリッと香ばしく、身はふっくらした関西風。人気のひつまぶしは絶品ですよ。

淡水さん うなぎや

淡水さん うなぎや

三方五湖の天然うなぎ「口細青鰻」とその味にこだわる店。
備長炭で焼き上げたうなぎは、食べた瞬間極上の香りが広がります。
地元の有機無農薬野菜を使用するなど、食材にもこだわっています。

源与門 (げんよもん)うなぎや

源与門 (げんよもん)うなぎや

お店で食べるうなぎはもちろん美味しいですが、
いつでもどこでもアツアツで、召し上がっていただける発熱式容器のうなぎ弁当の販売もしています。

ドライブイン よしだ お食事処

わかさCC

三方五湖の一番大きな水月湖のほとりに店を構えています。
名物のいか丼は雑誌にも紹介され、地元で獲れる新鮮な魚を使った料理が自慢です。
又水月湖で獲れる天然うなぎの蒲焼やうな丼もお勧めです。

魚三

魚三

「食」は地域によって少しづつ違うものです。
「うなぎの蒲焼」においても大きく分けて2種類の焼き方があります。
「関東焼き」「関西焼き」がその代表と言えるでしょう。
また、その2種類の焼き方の中でも、地域によって微妙に違います。
三方五湖の風土から生まれた当店のうなぎの蒲焼をご賞味ください。

梅の里会館 お土産

魚三

若挟町産の福井梅は果肉が厚く、種が小ぶりで高級梅の一つ。様々な梅の土産品を買うことができ、梅を使ったドレッシングやアイス、お菓子など梅三昧。梅茶の試飲もできる。

お客様と女将ブログ

よしおかや掲示板

ページの先頭へ